先端画像医学センター


PET-CT検査とは?

 PET(positron emission tomography;陽電子放出断層画像)とは、放射能を含む薬剤を体内に投与して、薬剤から放出される放射線をとらえて画像化する、核医学検査法の一つです。PET/CT装置は、PETと、体の正確な形態画像を得意とするコンピューター断層撮影法(CT)のふたつの装置を組み合わせて一体化した画像診断装置です。
 当院で行っているPET/CT検査のほとんどは、ブドウ糖に似た検査薬(フルオロデオキシグルコース;FDG といいます)を体内に注射し、体内でのブドウ糖代謝の異常を検出することで病気の診断に役立てる、FDG-PET/CT検査です。
 がん細胞は多くの場合、正常な細胞に比べて3〜8倍ものブドウ糖を消費するという性質を持っています。この性質のため、多くのがん病巣にはFDGが多く取り込まれ、FDGの取り込みの少ない正常組織と区別して見つけることができます。FDGの分布状態を画像化した画像と、CTの正確な形態画像を重ね合わせることでより診断の精度が高くなります。FDG-PET/CT検査では1cm前後の小さながんでも見つけられる場合があり、しかも一度の検査で全身の状態を診ることができるので、現在早期胃がんを除く悪性腫瘍(がん)に保険適応が認められ、がんの転移・再発の診断や病期診断に役立っています。また、がんの早期発見にも有効なことから、がん検診の有力な手段として用 いられています。
 ブドウ糖は正常組織でもエネルギー源として利用されているため、脳などいくつかの臓器では正常でも多く取り込まれます。そのため、そのような臓器内のがんは正常組織と区別できないことがあります。また、活動性の炎症もブドウ糖を多く取り込むため、様々な炎症性病変にもFDGが集まり、がんとの区別が難しいこともあります。そのため、ある程度の期間での経過観察や、血液検査などの他の検査結果と合わせた判断が必要な場合も少なくありません。また、1cm未満程度の小さながんや、範囲が広くても薄く広がるようながん、もともとFDGを取り込む性質が低いいくつかのがんなどもこの検査で見えにくいことが分かっています。
 FDGが炎症に取り込まれる性質を利用した使用法が心サルコイドーシスの診断です。サルコイドーシスは原因不明の全身性疾患で、特に心病変は様々な不整脈や心機能障害の原因となるため、活動性心サルコイドーシス病変の診断は重要です。ただし、心臓は正常でもFDGを多く取り込むことがあるため、検査前に十分な絶食などが必要で、患者さんにはがん診断に用いる場合とは別の準備を行って頂きます。詳細はお問い合わせください。

PET画像 CT画像 PET-CT画像[肺がんの画像肺の部分にFDGの異常集積が見られる。なお、脳・腎臓・膀胱への集積は正常なものである。]

Copyright©Since 2004 Sendaikouseihospital All Rights Reserved.