先端画像医学センター


医療関係者の方々へ

正確な診断と迅速な対応をモットーに
PET−CT検査を実施しています。

仙台厚生病院の先端画像医学センターは、世界最新のPET−CT装置2台を有する文字通り最先端の画像診断センターです。PET−CT検査は癌の病期診断や転移・再発診断、原発巣検索などに切り札とも言えるほど有用な検査手段です。ポジトロン断層撮影は当初脳の研究に使われる装置でしたが、東北大学の先進的な研究によってFDG−PETが癌の診断に応用され、現在の隆盛をもたらしました。
当センターではGEヘルスケア社製のDiscovery ST Eliteとフィリップス社製のGEMINI GXLの2台のPET−CTを、それぞれの装置の特性を把握した上で検査の内容に合わせて使い分け、検査依頼される先生方の様々なご要望にお応えできるよう努力しております。また、検査の受入れから検査結果の到着まで迅速に対応いたします。正確な診断と迅速な対応をモットーに検査を行なっておりますので、ぜひ先端画像医学センターのPET−CT検査をご利用下さい。


PET-CT 検査申込の手順

1.電話予約(予約専用電話:022-222-7551)

 PET−CT検査を依頼される時は、先端画像医学センターへ直接電話して下さい。その場ですぐに検査受診日と受付時間を決定いたします。その際、必要な患者情報として、「患者氏名・生年月日・体重・糖尿病の有無・歩行の可否・患者連絡先電話番号」をお教え下さい。

2.PET-CT検査依頼書(診療情報提供書)への記載とFAX

 検査日が決まりましたら、PET−CT検査依頼書(診療情報提供書)に必要事項を記載していいただき、当センターにFaxしていただきます。FAX(0120-287-573)
 PET−CT検査依頼書の用紙は3枚綴りで、

1枚目 → Fax用兼先生の保管用
2枚目 → 当院宛の紹介状(郵送または患者さんにお渡し下さい)
3枚目 → 患者さん用の検査日案内と検査の注意事項(患者さんにお渡し下さい)

となっております。
 PET−CT検査依頼書をお持ちでない先生は、すぐに送らせていただきます。また、ダウンロードもできますのでご利用下さい。(ダウンロードはこちらをクリックして下さい)

3.検査受診

 予約日時に受診していただきます。受診時にCTやMRIなどの画像情報をご提供いただければ幸いです。

4.検査結果の郵送

 検査結果(レポート、写真、CD-R)は郵送いたします。患者さんへは紹介元先生より検査結果をご説明下さいますようよろしくお願いいたします。

■ 検査費用について
   (1)保険診療の場合………3割負担で約3万円
   (2)自由診療の場合………約10万円
 ※保険適用の可否が不明な場合は、当センターまでお問い合わせ下さい。

■ 注意事項
 ◆下記に該当する患者さんは、検査を受けることができませんので、ご注意下さい。
    ○妊娠中もしくは妊娠の可能性のある方
    ○極度の血糖コントロール不良の方
    ○極度の閉所恐怖症の方
    ○30分間(撮影の間)仰向けの状態で安静にすることができない方
 ◆通常の撮影は、頭頚部から大腿部までですので、特に撮影部位の希望(下肢等)がございましたら、
   PET-CT検査依頼書に明記して下さい。

【お願い】
 PET-CT検査は検査の性質上、患者さんに対し個別の準備が必要で、一日の検査枠が限られております。原則としてキャンセルはお受けいたしておりませんが、どうしても都合の悪い場合は、お早めにご連絡下さい。

PET-CT検査依頼書のダウンロード


※検査結果は検査の翌日に郵送いたします。ただし、金曜日の午後の検査の場合、翌週月曜日の発送となりますので、最長で5日かかります。あらかじめご了承下さい。

※PET−CT検査の保険適用については、下記ページをご覧下さい。

F-FDGの保険適用

悪性腫瘍
(早期胃癌を除く。)
他の検査、画像診断により病期診断、転移・再発の診断が確定できない患者に使用する。
虚血性心疾患 虚血性心疾患による心不全患者で、心筋組織のバイアビリティ診断が必要とされる患者に使用する。 ただし、通常の心筋血流シンチグラフィで判定困難な場合に限るものとする。
てんかん 難治性部分てんかんで外科切除が必要とされる患者に使用する。

■依頼書記入に関する注意事項
◇同一月にガリウムシンチグラフィを施行している場合にはPET検査はできません。
 なお、骨シンチグラフィを施行している場合にはPET検査はできます。


Copyright©Since 2004 Sendaikouseihospital All Rights Reserved.