• 交通のご案内
  • 館内マップ
  • 採用情報
  • サイトマップ
文字の大きさをお選びください。
小
標準
大


ここは医療者関係者の方のページです
  • 心臓血管センター
  • 呼吸器センター
  • 消化器センター
  • 糖尿病代謝内科
  • 放射線科
  • 麻酔科
  • 臨床検査センター
  • 先端画像医学センター
  • 医師の紹介
  • 研究と実績
  • 採用情報
  • 地域医療連携室
  • 採用情報
  • 動画・スライドによる医療紹介

論文


循環器内科

2012年度  ⇒2011年度  ⇒2010年度  ⇒2009年度 


[2012年度]

  • New device, インターベンショナリストとして考える全身の血管病治療 前編
    (Coronary Intervention 8, 82-87, 2012)
    井上 直人
  • Japan Endovascular Conference (JET), ライブデモンストレーションを語る
    (Coronary Intervention 8 (6), 47-51, 2012)
    井上 直人
  • Percutaneous Focused Force Aortic Valvuloplasty Using the Buddy Catheter Technique
    (J INVASIVE CARDIOL 2012;24(6):287-289)
    Norio Tada, Tatsushi Ootomo, Taiichiro Meguro
  • Percutaneous closure of post-infarction ventricular septal defect using an Amplatzer septal occluder.
    (Cardiovascular Intervention and Therapeutics: Volume 28, Issue 2 (2013))
    Tada N, Takizawa K, Sakurai M, Yaginuma G, Inoue N, Meguro T.

[2011年度]

  • DES時代におけるベアメタルステントの適応、特集 バスキュラーインターベンション、−冠動脈から全心血管へー
    (日本臨床、69 (2), 265-270, 2011.)
    井上 直人
  • 循環器学2010年の進歩、心血管インターベンション治療研究の進歩
    (循環器専門医 19, 105-110, 2011.)
    井上 直人
  • カテーテルを用いた弁膜症治療
    (綜合臨牀 Vol. 60 No.2, 2011)
    Norio Tada, Fumiaki Ikeno
  • Structural Heart Diseaseに対するエコーガイドインターベンション
    (Coronary Intervention 2012 Vol.8 No.1)
    Norio Tada

[2010年度]

  • 多枝病変、左主幹部病変、グラフト病変に対するDES、薬剤溶出性ステントの現状を識る
    (Heart View 14 (2)、106〜113、2010)
    井上 直人
  • CKD患者のPCI、慢性腎臓病
    (最新医学 65(3):625〜638、2010)
    井上 直人
  • 心臓病学におけるMDCTとMRIの違いと役割
    (Heart View 14(7)、40〜53、2010)
    井上 直人
  • DES時代の内科側からみたCABG適応:透析患者
    (冠疾患誌、16:225〜230、2010)
    井上 直人
  • DESの適応決定因子
    (Heart View Vol.14 No2、2010)
    滝澤 要
  • DES時代におけるベアメタルステント(BMS)の適応
    (日本臨床 第69巻、第2号、(平成23年2月号))
    滝澤 要
  • 左主幹部に対するDES : Xience V / PROMUS ステントを用いる
    (Coronary Intervention、2010 Vl.6、No.5)
    滝澤 要
  • The key points of imaging diagnosis for percutaneous mitral valve intervention for mitral regurgitation
    (Heart View Vol.14 No.13、2010)
    多田 憲生
  • カテーテルを用いた弁膜症治療
    (綜合臨牀 Vol. 60 No.2、2011)
    多田 憲生
  • Feasibility of 7.5 French Sheathless Guiding Catheter Treating with Complex Coronary Lesion via Transradial Approach
    (The 19th Annual Meeting of Cardiovascular Intervention and Therapeutics, Sendai, Miyagi, Japan August 2010)
    松本 崇
  • Selective Use of Transradial 7.5 Fr Sheathless Guide Catheter System for Complex Percutaneous Coronary Intervention
    (Transcatheter Cardiovascular Therapeutics Conference 2010, Washington DC, USA September 2010)
    松本 崇

[2009年度]

  • PCI時の思わぬ合併症とその対策ー血管穿孔の対策ー
    (Circulation Up-to-Date)
    井上 直人
  • 320列CTは64列CTをどのくらい超えたか
    (Coronary Intervention)
    井上 直人
  • 分岐部病変に対するPCI Part1、診断的modality: その撮り方、読み方、活用法…CAG
    (Coronary Intervention)
    井上 直人
  • 分岐部病変に対するPCI Part2
    (Coronary Intervention)
    井上 直人
  • 透析患者における心血管イベントの実態とその治療について
    (日本透析医会雑誌)
    井上 直人
  • 多枝病変、左主幹部病変、グラフト病変に対するDES、薬剤溶出性ステントの現状を識る
    (Heart View)
    井上 直人
  • CKD患者のPCI, 慢性腎臓病
    (最新医学)
    井上 直人
  • DES の適応決定因子
    (Heart View 2010,2 )
    滝澤 要
  • Polymer-Free Biolimus A9-Coated Stent Demonstrates More Sustained Intimal Inhibition,
    Improved Healing, and Reduced Inflammation Compared With a Polymer-Coated
    Sirolimus-Eluting Cypher Stent in a Porcine Model
    (Circulation: Cardiovascular Interventions 2010;3:174-183)
    多田 憲生

呼吸器内科

2013年度  ⇒2012年度2010年度  ⇒2009年度   


[2013年度]

  • A phase II study of irinotecan as a third- or fourth-line treatment for advanced non-small cell lung cancer: NJLCG0703
    (Respiratory Investigation 51: 28-34, 2013)
    菅原 俊一
  • Randomized phase II trial of uracil/tegafur and cisplatin versus vinorelbine and cisplatin with concurrent thoracic radiotherapy for locally advanced unresectable stage III non-small-cell lung cancer : NJLCG 0601
    (Lung Cancer 81: 91-96, 2013)
    菅原 俊一
  • EGFR T790M mutation as possible target for immunotherapy; Identification of HLA-A*0201-restricted T cell epitopes derived from the EGFR T790M mutation
    (Plos One 8: e78389, 2013)
    菅原 俊一
  • Phase II study of amrubicin combined with carboplatin for refractory relapsed small-cell lung cancer: North Japan Lung Cancer Group Trial 0802
    (Respiratory Investigation 52: 190-194, 2014)
    菅原 俊一
  • Effectiveness of gefitinib against non-small-cell lung cancer with the uncommon EGFR mutations G719X and L861Q
    (Journal of Thoracic Oncology 9: 189-194, 2014)
    菅原 俊一
  • Randomized phase II trial comparing carboplatin plus weekly paclitaxel and docetaxel alone in elderly patients with advanced non-small cell lung cancer: North Japan Lung Cancer Group Trial 0801
    (The Oncologist 2014; 19: 352-353)
    菅原 俊一
  • Phase II study of amrubicin combined with carboplatin for refractory relapsed small-cell lung cancer: North Japan Lung Cancer Group Trial 0802
    (Respiratory Investigation 52: 190-194, 2014)
    川嶋 庸介

[2012年度]

  • Quality of life with gefitinib in patients EGFR-mutated non-small cell lung cancer: Quality of analysis of North East Japan Study Group 002 Trial
    (The Oncologist 17: 863-870, 2012)
    菅原 俊一
  • S-1 combined with bi-weekly docetaxel for non-small cell lung cancer previously treated with platinum-based chemotherapy: a phase II study of North Japan Lung Cancer Group (NJLCG0701)
    (Cancer and Clinical Oncology 1: 108-117, 2012)
    菅原 俊一
  • Update overall survival results from a randomized phase III trial comparing gefitinb with carboplatin-paclitaxel for chemo-naive non-small cell lung cancer with sensitive EGFR gene mutations (NEJ002)
    (Annals of Oncology 24(1): 54-59, 2013)
    菅原 俊一
  • A phase II study of amrubicin as a third-line or ourth-line chemotherapy for patients with non-small cell lung cancer: Hokkaido Lung Cancer Clinical Study Group Trial (HOT) 0901.
    (The Oncologist, 2013; 18: 439-445)
    菅原 俊一
  • S-1 Combined with Bi-Weekly Docetaxel for Non-Small Cell Lung Cancer Previously Treated with Platinum-Based Chemotherapy: A Phase II Study of North Japan Lung Cancer Group (NJLCG0701)
    (Cancer and Clinical Oncology 1: 108-117, 2012)
    石本 修

[2010年度]

  • Methicillin resistant Staphylococcus aureus in a Japanese community hospital: 5-year experience
    (J Infect Chemother (2010) 16:414〜417)
    本田 芳宏
  • Highly concordant coexpression of aromatase and estrogen receptor β in non-small cell lung cancer
    (Human Pathology 41:190〜198、2010)
    菅原 俊一
  • Gefitinib or chemotherapy for non-small-cell lung cancer with mutated EGFR
    (the New England Journal of Medicine 362:2380〜2388、2010)
    菅原 俊一
  • A phase II study of amrubicin combined with carboplatin for elderly patients with small-cell lung cancer North Japan Lung Cancer Study Group Trial 0405.
    (Ann Oncol 2010 Apr;21(4):800〜803 Epub 2009 Oct 13)
    石本 修

[2009年度]

  • 特集 感染症-予防と治療の実際 抗菌薬の使い方は?
    (肥満と糖尿病 Vol.8 No4:529-530, 2009)
    本田 芳宏
  • 呼吸器X線画像の読み方・診かた 2009H1N1インフルエンザ流行期に経験したH.influenzae肺炎
    (綜合臨牀 Vol.59、No.3:485-489、2010)
    本田 芳宏
  • A phase II study of amrubicin combined with carboplatin for elderly patients
    with small-cell lung cancer: North Japan Lung Cancer Study Group Trial 0405.
    (Ann Oncol. 2010 Apr;21(4):800-3. Epub 2009 Oct 13.
    石本 修

呼吸器外科

2013年度 


[2013年度]

  • 特徴的な経過を呈した子宮筋腫肺転移の2例
    (日本臨床外科学会2013:74(9):2428-2433)
    角岡 信男、平山 杏、稲沢 慶太郎

2007消化器内科

2013年度  ⇒2012年度  ⇒2011年度2010年度  ⇒2009年度 


[2013年度]

  • 序説 微小胃癌の診断限界に迫る
    (胃と腸 第48巻6号 2013)
    長南 明道
  • 座談会 組織混在型早期胃癌の取り扱い
    (胃と腸 第48巻11号 2013)
    長南 明道
  • 序説 ESD時代の早期胃癌深達度診断
    (胃と腸 第49巻1号 2014)
    長南 明道
  • 胃癌の診断と治療の変遷・展望 画像診断
    (日本臨牀 最新胃癌学 増刊号 2014)
    長南 明道
  • 原因不明消化管出血におけるバルーン内視鏡とカプセル内視鏡の比較
    (消化器内科、56(5)419−497、2013)
    中堀 昌人
  • 半固形状流動食のプロトコール表が有用であった症例の検討
    (ヒューマンニュートリション、No25,44-49、2013)
    中堀 昌人
  • 症例に学ぶー小腸内視鏡アトラス 小腸GIST
    (消化器内視鏡 第25巻7号 2013)
    松田 知己、長南 明道
  • 内視鏡による深達度診断のコツと診断困難な早期胃癌−症例を中心に−
    (胃と腸 vol.49 No.1: 65-75, 2014 )
    佐藤 俊
  • 0-I型から0-IIc型に形態変化を来した早期胃癌の1例
    (Gastroenterological Endoscopy (0387-1207)55巻8号 Page2197-2201(2013.08))
    濱本 英剛

[2012年度]

  • 胃癌診断の基本と実際ー内視鏡診断を中心にー
    (消化管の臨床 第18巻 2012)
    長南 明道
  • 潰瘍合併早期胃癌の内視鏡智慮得について:座談会
    (胃と腸 第48巻1号)
    長南 明道
  • 小腸GIST − 症状、診断から治療まで
    (モダンフィジシャン)
    松田 知己
  • 困難例に対するコツ・ピットフォールおよび偶発症とその対策 (1)ダブルバルーン内視鏡
    (「バルーン内視鏡のすべて』消化器内視鏡2012.6月号)
    松田 知己
  • 早期胃癌のEUS深達度診断
    (胃と腸 第47巻4号)
    三宅 直人
  • 潰瘍合併早期胃癌の画像診断 潰瘍合併早期胃癌のEUS診断
    (胃と腸 第48巻1号)
    三宅 直人
  • 憩室様の深い陥凹を呈した内反性増殖性早期胃癌の1例
    (胃と腸 48巻 2号)
    佐藤 俊
  • 画像所見[胃] 蚕食像・ひだ集中・中断・先細り・肥大・融合・接合・周堤
    (胃と腸 47巻 5号)
    佐藤 俊
  • 画像所見[胃] 萎縮性胃炎(atrophic gastritis)
    (胃と腸 47巻 5号)
    佐藤 俊
  • 画像所見[胃] びらん(erosion)
    (胃と腸 47巻 5号)
    佐藤 俊

[2011年度]

  • 内視鏡的粘膜下層剥離術にて切除したびまん性胃前庭部毛細血管拡張症合併早期胃癌の1例
    (高林広明、長南明道、他:Gastroenterological Endoscopy,53巻 1258-1265,.2011)
    長南 明道
  • 早期胃癌の拾い上げ診断ー通常内視鏡からインジゴカルミンまでー
    (佐藤俊、長南明道、他:Modern Physician.31巻48-51,2011)
    長南 明道
  • 胃未分化型腺癌へのESDはどこまで可能かー推進する立場からー
    (三島利之、長南明道:内科108巻531−535、2011)
    長南 明道
  • 早期胃癌の拾い上げ診断―通常内視鏡からインジゴカルミンまで―
    (Modern Physician Vol.31 臨時増刊号 上部消化管腫瘍内視鏡診断学の新時代)
    佐藤 俊

[2010年度]

  • 通常内視鏡による胃癌深達度診断の基本
    (高林広明、長南明道、他:消化器内視鏡 22巻 477〜479 2010)
    長南 明道
  • 多発胃癌ー最新の知見を含めて
    (長南明道:胃と腸 46巻 8〜10 2011)
    長南 明道
  • 多発胃癌の通常内視鏡診断ーESD施行例の検討
    (三島利之、長南明道、他:胃と腸 46巻 46〜59、2011)
    長南 明道
  • 通常内視鏡による胃癌深達度診断の基本
    (高林広明、長南明道、他:消化器内視鏡 22巻 477〜479、2010)
    長南 明道
  • 多発胃癌ー最新の知見を含めて
    (長南明道:胃と腸 46巻 8〜10、2011)
    長南 明道
  • 多発胃癌の通常内視鏡診断ーESD施行例の検討
    (三島利之、長南明道、他:胃と腸 46巻 46〜59、2011)
    長南 明道
  • 多発胃癌の通常内視鏡診断 ESD施行例の検討
    (胃と腸 第46巻 第1号 2011年1月)
    三島 利之
  • 日本消化器内視鏡学会東北セミナー
    (胃と腸 第46巻 第2号、医学書院)
    松田 知己
  • カプセル内視鏡の現状と看護の要点
    (消化器肝胆膵ケア:日総研)
    中堀 昌人
  • 胃癌
    (内科 第105巻 第6号)
    三宅 直人
  • 上腸管膜動脈症候群
    (内科 第105巻 第6号)
    三宅 直人

[2009年度]

  • 超音波内視鏡による早期胃癌の深達度診断
    (胃と腸 44: 623-635:2009)
    長南 明道
  • 早期胃癌のESD治療(ディベート)
    (THE GI FOREFRONT5(2):67-76,2009)
    長南 明道
  • 出血性小腸疾患に対する診断手技
    ―バルーン内視鏡を主体にー
    (胃と腸 45:333-341,2010)
    松田 知己
  • 内視鏡による早期胃癌のIIb進展範囲診断
    (胃と腸 45:39-48,2010)
    三島 利之

消化器外科

2011年度  ⇒2010年度


[2011年度]

  • 冠動脈バイパス手術(CABG)の既往のある患者の右心房内腫瘍栓を伴う肝細胞癌に対して高度低体温/人工心肺下に拡大左葉切除術を行った1例
    (手術 66(1):93-98 2012)
    石山 秀一ほか

[2010年度]

  • 肝鋳型標本よりみたDorsal Liverの解剖
    (胆と膵 Vol.31(7) p.647〜652、2010)
    山内 淳一郎

麻酔科

2013年度2012年度  


[2013年度]

  • 右心房内腫瘍栓を伴う肝細胞癌に対する高度低体温循環停止下拡大肝左葉切除術の1例
    (日本臨床麻酔学会誌 Vol.33 No.7, 961-965, 2013)
    伊藤 淳

[2012年度]

  • Transesophageal echocardiographic imagings of endovascular stent placement for the treatment of aortic coarctation with bicuspid aortic valve
    (Anesthesia and Analgesia 2013: 117: 579-582)
    Hiroshi Inoue, Jun Ito, Hiroaki Uchida

放射線科

2013年度2010年度  ⇒2009年度 


[2013年度]

  • 有痛性多発骨転移に対する放射性塩化ストロンチウム療法に関する研究 骨転移数と疼痛緩和効果および骨髄抑制との関連について
    (東北大学大学院医学系研究科(学位論文))
    秋元 達也

[2010年度]

  • 放射性ストロンチウムによる骨転移の疼痛抑制
    (癌と化学療法Vol37 P1868〜1871(2010))
    山口 慶一郎
  • 放射線治療におけるPET/CTの果たす役割と貢献
    (月刊新医療 P58〜P61(2011))
    山口 慶一郎
  • 放射線治療領域でのPET運用
    (PETJournal Vol 12 P9〜11(2011))
    山口 慶一郎
  • FDG-PETが診断に有用であった心臓血管肉腫の一例
    (臨床放射線 2011年1月号)
    秋元 達也

[2009年度]

  • 放射性ストロンチウム複数回投与骨転移疼痛緩和療法の初期成績
    (臨床放射線 Vol54 N012 1649-1657)
    山口 慶一郎
  • 320列CT(Dynamic Volume Scan)を用いた肺動静脈分離造影
    〜肺血行動態に関する初期検討結果を含めて〜
    (映像情報Medical 2010 Vol.42 No.1 52-56)
    秋元 達也

病理診断・臨床検査科

2013年度2012年度2011年度  ⇒2010年度


[2013年度]

  • Peritoneal strumosis, 10 years after laparoscopic surgery for mature cystic teratoma of the ovary: a case report
    (Int J Canc Conf J 2013)
    赤平 純一
  • Decreased expression of 14-3-3 sigma is predictive of poor prognosis for patients with human uterine papillary serous carcinoma.
    (Tohoku J Exp Med 231: 193-199, 2013)
    赤平 純一
  • Steroid sulphatase and oestrogen sulphotransferase in human small-cell lung carcinoma.
    (Br J Cancer 108: 1415-1424, 2013)
    赤平 純一
  • Expression of steroid and xenobiotic receptor in uterine carcinosarcoma, leiomyosarcoma, and endometrial stromal sarcoma.
    (Oncol Lett 5: 835-839, 2013)
    赤平 純一

[2012年度]

  • 特集:泌尿器病理2−尿路系,精巣,外陰部−
    (病理と臨床 2012 vol.30 no.10)
    遠藤 希之
  • Expression of steroid and xenobiotic receptor in uterine carcinosarcoma,  leiomyosarcoma and endometrial stromal sarcoma.
    (Oncol Lett. 2013 3:835-839)
    赤平 純一
  • Aromatase inhibitor treatment of breast cancer cells increases .the expression of let-7f, a microRNA targeting CYP19A1
    (J Pathol. 2012 227: 357-66)
    赤平 純一
  • Immunohistochemical analysis of gastrin-releasing peptide receptor (GRPR) and possible regulation by estrogen receptor βcx in human prostate carcinoma.
    (Neoplasma. 2012;59:224-32)
    赤平 純一
  • Synergistic anti-tumor effects of RAD001 with MEK inhibitors in neuroendocrine tumors: a potential mechanism of therapeutic limitation of mTOR inhibitor.
    (Mol Cell Endocrinol. 2012 350:99-106)
    赤平 純一
  • MicroRNA-34b functions as a potential tumor suppressor in endometrial serous adenocarcinoma.
    (Int J Cancer. 2012 131: 395-404)
    赤平 純一

[2011年度]

  • Peroxisome proliferator-activated receptor gamma suppresses CYP11B2 expression and aldosterone production.
    (J Mol Endocrion 46: 37-49, 2011)
    赤平 純一
  • MicroRNA-34b functions as a potential tumor suppressor in endometrial serous adenocarcinoma.
    (Int J Cancer 2011)
    赤平 純一

[2010年度]

  • Steroid and Xenobiotic receptor (SXR) as a possible prognostic marker in epithelial ovarian cancer
    (Pathol Int 60:400〜406、2010)
    赤平 純一

サイトポリシー

Copyright©Since 2004 Sendaikouseihospital All Rights Reserved.