• 交通のご案内
  • 館内マップ
  • 採用情報
  • サイトマップ
文字の大きさをお選びください。
小
標準
大


ここは医療者関係者の方のページです
  • 心臓血管センター
  • 呼吸器センター
  • 消化器センター
  • 糖尿病代謝内科
  • 放射線科
  • 麻酔科
  • 臨床検査センター
  • 先端画像医学センター
  • 医師の紹介
  • 研究と実績
  • 採用情報
  • 地域医療連携室
  • 採用情報
  • 動画・スライドによる医療紹介

現在位置:トップページ > 医療関係者の方 > 放射線科

一つ前のページへ

放射線科


320列のCT導入など設備・人員が充実
PET検査は院外からの紹介が40%超
新しい放射線治療の実施

 厚生病院では各種の高度な画像診断機器を用い数多くの検査が行われています。放射線科は、東北地方の市中病院の放射線科の中では最大級の人員で、1日あたり100件を超えるCT,MRI,一般核医学、PET/CT検査の全件について翌診療日までに読影レポートを作成し、各科の診療を支援しています。他科とのカンファレンスなどを通じ最終診断のフィードバックを得、また学会・研究会にも積極的に参加するなどして、診断レベルの向上に努めています。


PET-CTについて

 PET/CTは2006年1月の先端画像医学センター開設以来、他院からも多くの検査依頼があり、多くの領域の腫瘍の診断を行っています。CT,MRI, 一般核医学検査についても他院からの検査依頼を受けています。外部からの依頼で行われた検査についても全て画像診断医による報告書作成を行っています。



その他の画像診断について

 CTの検査件数は年間12,000件以上に上り、2008年3月には320列CTを日本で初めて導入しました。16cmの幅のCT画像を1秒以内に撮像が可能となり、特に冠動脈の評価など循環器領域での有用性が大いに期待されます。


 この他、MRI、SPECTなどの画像診断機器や放射線治療装置であるライナックなどを揃えており、高度先進医療施設に相応しい放射線科として、意欲的に画像診断と治療に取り組んで行きたいと思っています。


放射線治療について

 放射線治療は2014年5月に更新された治療装置を用いて行われています。2016年4月からは放射線治療医が常勤となり、これまで以上に充実した体制での放射線治療が可能になりました。院内のみならず、他院からの照射依頼も受けています。
 従来から行っている放射性ストロンチウムSr-89(メタストロン)による転移性骨腫瘍に対する疼痛緩和のための内照射治療も引き続き行っています。今後、新たな放射性医薬品による内照射療法の展開も期待されており、新たな内照射療法についても導入できる体制を準備しています。
 また、東北大学病院放射線診断科の協力により、消化器領域の動注リザーバー留置、塞栓術や呼吸器病変のCTガイド下生検等のIVRについても放射線科で行っています。


ライナック4  ライナック5 ライナック6

サイトポリシー

Copyright©Since 2004 Sendaikouseihospital All Rights Reserved.