• 交通のご案内
  • 館内マップ
  • 採用情報
  • サイトマップ
文字の大きさをお選びください。
小
標準
大


ここは医療者関係者の方のページです
saiyou
  • 1理念・メッセージ
  • 2組織
  • 3教育プログラム
  • 4認定看護師及び資格取得者の活動
  • 5看護部の特徴
  • 6先輩看護師の声
  • 7看護師の出身
  • 8募集案内
  • 9実習・研修の受け入れ

現在位置:トップページ > 看護部トップページ > 1 理念・メッセージ

一つ前のページへ



看護部理念




看護部長からのメッセージ



看護部長 小畑 由美
(認定看護管理者)

 当院の看護部は、ワークライフバランスを整え、“思いやりの心とチャレンジ精神”で、患者さんの人格を尊重した質の良い医療と看護を地域に提供し続けています。看護職員は、看護が好きで笑顔を絶やさず、やる気があります。


 看護部は、病院方針の“進取の気性で働きがいのある職場に”を大切にし、活気のある職場です。特に、看護師クリ二カルラダーや看護管理ラダーを取り入れ、キャリアアップできる教育体制を整備し、人材育成に力を入れております。チーム医療の充実のため、医師はじめ他職種との垣根を超えて、専門的知識の習得等の勉強会を開催し、連携を図っています。


 職場環境は、理事長の“職員優先主義”のもと、職員健診に腫瘍マーカーの検査を取り入れるなどがん対策を実施しています。院内保育所(夜間保育有)、育児・学童短時間制度を設け、働き続けられる環境を整えています。看護師の夜勤負担の軽減のため、看護補助者も導入しております。また、積極的な業務改善を推進し、優秀な提案には理事長より表彰があり、モチベーション向上につながっています。


 私は、“人は宝”を基本としたマネジメントを目指します。



副看護部長からのメッセージ



副看護部長
佐藤 愛子
(認定看護管理者)

 楽しく働き、キャリアアップしませんか

  仙台厚生病院では、優秀な医師の指導のもと、看護師の役割拡大を積極的に進めています。ひとつひとつが看護の裏づけになるような勉強会や合同カンファレンスを通し、その科に特化した臨床実践ナースを育成中です。向上心をもった看護師が、常に前向きに、生き生きと、仕事や学習に取り組んでおります。

  副看護部長と病棟師長兼務である私は、「自分のおかれた立場を楽しみ、常に楽しく働くこと」をモットーとしております。治療が安全に行われ、満足のいく看護ができるよう、看護師の労働環境の整備やモチベーションアップに努め、一人ひとりがキャリアアップできるよう支援していきたいと考えております。

  入職時は不安も多く、急性期病院の慌しさについていけるか心配だと思います。プリセプターや先輩看護師のサポートを受け、日々の目標や長期目標そしてキャリア目標を持って、自分の夢を実現しませんか。当院の看護部の教育プログラムや環境は、貴方の夢の実現のために充分整えられています。



副看護部長
高橋 亜紀

  私は平成29年1月1日付で副看護部長を拝命しました。出来立てホヤホヤの新米副看護部長です。

  20数年前私は、ナイチンゲールに憧れて看護学校に入学し、その夢を果たし看護師になりました。平成9年4月当院に入職し、がん看護に出会い、緩和ケアの重要性に気づきました。その後、集中治療室に異動し循環器看護の楽しさを知り、1年間の看護主任経験を経て病棟師長になり、人を育てることの喜びを感じています。

  当院には医師をはじめとし、優れた技術や知識を持つ職員が多く働いています。優れた人材とチーム医療を実現するには、自身のスキルアップが不可欠です。当院ではその支援体制を整備しています。そして、ロールモデルとなる先輩看護師がたくさんいます。当院で「なりたい自分」「なりたい看護師」になって、あなたの夢を実現してみませんか。ナイチンゲールが目指した看護は100年たった今も現場に息づいています。

  私は、ナイチンゲールが思い描いた看護が提供できるような看護部でありたいと言う理想を持っています。夢をお持ちの皆さん、私たちと一緒に働いてみませんか。お待ちしています。



サイトポリシー

Copyright©Since 2004 Sendaikouseihospital All Rights Reserved.