• 交通のご案内
  • 館内マップ
  • 採用情報
  • サイトマップ
文字の大きさをお選びください。
小
標準
大


ここは医療者関係者の方のページです
  • 心臓血管センター
  • 呼吸器センター
  • 消化器センター
  • 糖尿病代謝内科
  • 放射線科
  • 麻酔科
  • 臨床検査センター
  • 先端画像医学センター
循環器内科
  • 診療方針
  • 治療実績と症例数
  • 先進医療への取組み
  • 医療設備
心臓血管外科
  • 診療方針
  • 治療実績と症例数
  • 先進医療への取組み
  • 医療設備

  • 医師の紹介
  • 研究と実績
  • 採用情報
  • 地域医療連携室
  • 採用情報
  • 動画・スライドによる医療紹介

トップページ > 医療関係者の方 > 心臓血管センター > 心臓血管外科:先進医療への取り組み

一つ前のページへ

心臓血管外科:先進医療への取り組み


ミニポンプ・アシストの心拍動下冠動脈バイパス術

 オフポンプ手術とオンポンプ手術の長所を合わせた方法で、欧米では主流になりつつあります。 いずれ日本でも主流になるものと思われます。


胸部および腹部大動脈瘤に対する低侵襲手術
-ステントグラフト挿入留置術-

 「ステントグラフト挿入留置術」は、ステントグラフト実施基準管理委員会で認定された、病院・施設及び医師のみが出来る手術です。


動画を見る(1分28秒) ※COOK MEDICAL提供

診療方針 治療実績と症例数 医療設備
サイトポリシー

Copyright©Since 2004 Sendaikouseihospital All Rights Reserved.