• 交通のご案内
  • 館内マップ
  • 採用情報
  • サイトマップ
文字の大きさをお選びください。
小
標準
大


ここは医療者関係者の方のページです
  • 心臓血管センター
  • 呼吸器センター
  • 消化器センター
  • 糖尿病代謝内科
  • 放射線科
  • 麻酔科
  • 臨床検査センター
  • 先端画像医学センター
消化器内科
  • 診療方針
  • 治療実績と症例数
  • 先進医療への取組み
  • 医療設備
消化器外科
  • 診療方針
  • 治療実績と症例数
  • 先進医療への取組み
  • 医療設備
肝臓内科
  • 診療方針
  • 治療実績と症例数
  • 先進医療への取組み
  • 医療設備

  • 医師の紹介
  • 研究と実績
  • 採用情報
  • 地域医療連携室
  • 採用情報
  • 動画・スライドによる医療紹介

トップページ > 医療関係者の方 > 消化器センター > 消化器外科:医療設備

一つ前のページへ

消化器外科:医療設備


消化器外科手術室

 通常1日に3件、多い時には5〜6件の手術をこなします。件数が多くなると手術が時間外に及んだりすることがありますが、当院では極めて能率良く時間配分ができるため、ほとんどの場合、時間内に手術を終了することができています。外科医の技術が未熟であってはもちろん不可能ですが、それだけでなく、手術室のスタッフとの密な連携が、効率の良い手術室の運用を可能にするのです。


 手術器械は病院の方針として、最新式の器械を設備しています。腹腔鏡下手術用の高性能フルハイビジョンシステム2セット、外科用超音波吸引装置(超音波メス:CUSA)、超音波凝固切開装置、アルゴンビームコアグレーター、ベッセルシーリングシステム、超音波診断装置などなど、いつも最新式の器械を設備するようにしています。


photo

 手術患者さんのご家族の希望があれば、手術をリアルタイムに中継しモニターで見て頂いています。「手術は密室で行われる」というイメージは当院にはありません。



4階 消化器外科 病棟

 当院で手術を受ける患者さんは、高齢の方が多いだけでなく、特に心血管障害や糖尿病を合併している患者さん達が多く紹介されてきます。また、肝胆膵領域では他の病院で切除不能とされた患者さんが最後の砦として紹介されることがしばしばあります。


 そのため、術前術後の管理が他の病院に比べて大変なことが多いのです。術前術後に不安を抱えている患者さんが多いため、看護スタッフの役割は極めて重要です。医師と看護師が密に情報共有を行って、患者さん達が1日も早く元気に退院できるよう努力しています。


photo
photo
photo


<病棟主任の言葉>
 4階消化器外科病棟で働く私たち看護師は、平均年齢約26.5歳の若さあふれる仲間で、「明るく楽しく」をモットーに日々患者さんのケアにあたっています。年間900例を超える手術患者さんが元気に退院していく姿にやりがいを感じています。仲間意識が強く、患者さんからの信頼も厚いと自負しています。また、プロフェッショナル・ナースとしての自覚も持っています。4階消化器外科病棟は笑顔の絶えない、明るく楽しい病棟です。


診療方針 治療実績と症例数 先進医療への取り組み
サイトポリシー

Copyright©Since 2004 Sendaikouseihospital All Rights Reserved.