• 交通のご案内
  • 館内マップ
  • 採用情報
  • サイトマップ
文字の大きさをお選びください。
小
標準
大


ここは医療者関係者の方のページです
  • 心臓血管センター
  • 呼吸器センター
  • 消化器センター
  • 糖尿病代謝内科
  • 放射線科
  • 麻酔科
  • 臨床検査センター
  • 先端画像医学センター
消化器内科
  • 診療方針
  • 治療実績と症例数
  • 先進医療への取組み
  • 医療設備
消化器外科
  • 診療方針
  • 治療実績と症例数
  • 先進医療への取組み
  • 医療設備
肝臓内科
  • 診療方針
  • 治療実績と症例数
  • 先進医療への取組み
  • 医療設備

  • 医師の紹介
  • 研究と実績
  • 採用情報
  • 地域医療連携室
  • 採用情報
  • 動画・スライドによる医療紹介

トップページ > 医療関係者の方 > 消化器センター > 消化器外科:診療方針

一つ前のページへ

消化器外科:診療方針


photo
消化器外科主任部長
山内 淳一郎

 近年の外科手術では、患者の病状、人生観、ニーズに合致した手術の選択が必要であり、消化器外科医には機能を可及的に温存する縮小手術・低侵襲手術から徹底的に根治性を追求した拡大手術まで、両極端とも言える治療法に対応できる幅広い知識と技量が求められています。


 当院では、胃がん、大腸がんに関しては診療ガイドラインに沿った治療を原則とし、内視鏡治療の適応外となる早期がん症例に対しては、低侵襲手術の代表とされる腹腔鏡下手術を積極的に行っています。腹腔鏡下胃切除術は年間80例以上、大腸切除術は年間100例以上となり、2015年には胃がん、大腸がん切除症例の半数以上(55%)が腹腔鏡下手術で切除されています。また、進行胃がんに対しては術前化学療法を、進行直腸がんに対しては術前放射線化学療法を導入し、治療成績の向上を目指しています。術後補助化学療法が必要でない症例では、当院と登録医の皆様が築き上げた「仙台厚生病院がん診療地域連携ネットワーク(通称:スキップネットワーク)」により、綿密な術後フォローを行っています。


 肝胆膵領域の悪性腫瘍に対する手術は、施設により手術技術や周術期管理の質が大きく異なり、それが手術成績に反映されます。また、外科医の手術経験数や診療姿勢によって手術適応が大きく左右される領域でもあります。

 当院は日本肝胆膵外科学会高度技能医修練施設A(高難度肝胆膵手術を年間50例以上行っている施設)に認定されており、肝胆膵領域悪性腫瘍に対する手術を年間100件近く行っています。肝胆膵外科学会高度技能医1名、高度技能指導医2名の専門医3名が常勤し、この領域における東北のhigh volume centerの一つです。手術適応のある進行癌症例に関しては徹底的かつ合理的なリンパ節郭清、他臓器合併切除等に加え、必要があれば心臓血管外科とのコラボレーションの下、主要動脈、大血管の合併切除再建も併施しつつ、あくまで根治切除の可能性を追求する、あきらめない手術を実践しています。



治療実績と症例数 先進医療への取り組み 医療設備
サイトポリシー

Copyright©Since 2004 Sendaikouseihospital All Rights Reserved.