• 交通のご案内
  • 館内マップ
  • 採用情報
  • サイトマップ
文字の大きさをお選びください。
小
標準
大


ここは医療者関係者の方のページです
  • 心臓血管センター
  • 呼吸器センター
  • 消化器センター
  • 糖尿病代謝内科
  • 放射線科
  • 麻酔科
  • 臨床検査センター
  • 先端画像医学センター
消化器内科
  • 診療方針
  • 治療実績と症例数
  • 先進医療への取組み
  • 医療設備
消化器外科
  • 診療方針
  • 治療実績と症例数
  • 先進医療への取組み
  • 医療設備
肝臓内科
  • 診療方針
  • 治療実績と症例数
  • 先進医療への取組み
  • 医療設備

  • 医師の紹介
  • 研究と実績
  • 採用情報
  • 地域医療連携室
  • 採用情報
  • 動画・スライドによる医療紹介

トップページ > 医療関係者の方 > 消化器センター > 消化器内科:診療方針

一つ前のページへ

消化器内科:診療方針



消化器内科主任部長
中堀 昌人

 消化器内科では、登録医の先生方から紹介していただいた患者さんや救急の患者さんを速やかに診察し、最新の機器と高い技術を駆使して精度の高い検査を行い、正確な診断に基づいて治療を行うことを目指しております。一般病棟52床を有し、地域医療支援病院としてより安全で質の高い消化器疾患の診療を提供できるように努めてまいりました。


 消化器内科では消化器内視鏡センターを中心に消化管・胆・膵疾患などの幅広い消化器疾患についての先進的診療を行っております。ハード面では、最新鋭の狭帯域光観察(NBI)システムおよびハイビジョン画像ビデオスコープシステムを備えた6つの内視鏡検査室、X線テレビ室(DR)を画像ファイリングシステムで接続しております。


 また、ストレッチャー方式を用いて、完全モニタリング下にセデーションを用いた楽な内視鏡検査および治療を行っております。

photo

 早期がんの内視鏡治療は最も得意とする分野です。胃がんにおいては、今や早期がんの7〜8割は内視鏡的粘膜下層剥離術により、開腹せずに治療が可能です。難しい手技でトレーニングが必要ですが、患者さんの負担を減らすことができるという大きなメリットがあります。


 仙台厚生病院では山岡 肇を中心に2014年には268例の早期胃がんの内視鏡的粘膜下層剥離術を施行しております。これは東北・北海道では第2位、全国でも第7位の実績です(朝日新聞社 いい病院2015)。


 大腸がんの内視鏡治療も積極的に行っております。松田知己を中心に、2014年には100例の内視鏡的粘膜下層剥離術を行いました。これは東北・北海道でもトップクラスの実績です。また小腸は長いため内視鏡検査が難しかったのですが、当院では松田知己を中心にバルーン式小腸内視鏡を用いて数多くの検査・治療を行っております。これは県内はもとより全国でも限られた施設にしかありません。さらに東北初の小腸及び大腸カプセル内視鏡を導入して、中堀昌人、松田知己を中心に最先端の診断・治療を提供しております。


 胆・膵の内視鏡・インターベンション治療も当院の得意とする分野で、奥薗 徹を中心に精力的に行っております。さらに、学会発表、論文発表、他施設研修を積極的に行い、最新の知識・技術の習得を行っております。


治療実績と症例数 先進医療への取り組み 医療設備
サイトポリシー

Copyright©Since 2004 Sendaikouseihospital All Rights Reserved.