• 交通のご案内
  • 館内マップ
  • 採用情報
  • サイトマップ
文字の大きさをお選びください。
小
標準
大


ここは医療者関係者の方のページです
  • 心臓血管センター
  • 呼吸器センター
  • 消化器センター
  • 糖尿病代謝内科
  • 放射線科
  • 麻酔科
  • 臨床検査センター
  • 先端画像医学センター
  • 医師の紹介
  • 研究と実績
  • 採用情報
  • 地域医療連携室
  • 採用情報
  • 動画・スライドによる医療紹介

現在位置:トップページ > 医療関係者の方 > 麻酔科(診療方針)

一つ前のページへ

麻酔科


5名の麻酔科専門医・指導医が手術侵襲から患者を守るとともに
緊急手術に備えて24時間体制で対応します


photo
麻酔科主任部長
内田 寛昭

 当科は外科系へのテコ入れに伴って2004年9月に開設され、10年以上にわたって、増加する手術件数に対して全ての麻酔を専従麻酔科医が行う、という基本姿勢を軸に歩んで参りました。当科の活動は手術室における麻酔・全身管理、集中治療センター(ICU・CCU)の管理・運営、病棟での呼吸管理・術後鎮痛への関与・急変時の対応を主体としています。

 手術室は5室を運用しており、年間1900件前後の手術のほとんどが全身麻酔で行われ、そのすべてを麻酔科が管理しています。多数の心臓・大血管手術や分離肺換気を要する手術、心疾患合併症例の腹部臓器手術など、麻酔科医の豊富な知識・技術を要求される手術が日常茶飯事に行われています。また術後鎮痛の面では体幹の手術において硬膜外麻酔だけでなく末梢神経ブロックの併用が広がりを見せ、鎮痛の質の向上に努めており、機材に関しても3D経食道心エコー、神経ブロック専用エコーなど最新の機器をそろえ、麻酔科医のモチベーションもアップし、より良い麻酔・全身管理に取り組んでいます。

 集中治療センターは18床を運用しており、そのセンター長と副センター長を認定資格を持つ麻酔科医が担当して管理・運営面で中心的役割を果たしています。主として心臓血管外科の周術期患者において、毎日のカンファランスを通して外科医と共に術中から術後まで継続した管理を行い、特に呼吸管理・鎮痛・鎮静などの面からサポート出来るよう努めております。

 昨今の手術件数の増加、患者の高齢化、ハイリスクな患者の増加などにより、麻酔の専門性はいやが上にも高まっています。患者の周術期に真摯な態度で向き合い、それがより満足のいくものになるよう、今後も研鑽努力を重ねて参ります。

 当院は北の百万都市仙台に立地しており、充実した都会生活も味わえると同時に、車で数十分移動するだけで自然の懐に抱かれて温泉三昧も楽しめる、といったエンジョイライフにはもってこいの土地です。終の棲家は仙台でという方も増えているようです。ここ仙台で麻酔・周術期管理を思う存分やってみませんか。ご興味をお持ちの方はぜひ一度ご連絡下さい。連絡先はこちらまで。


photo
photo
photo

麻酔科概要


下記のボタンより、「麻酔科」に関する概要をご覧いただけます。


・治療実績と症例数   麻酔科
・先進医療への取組み・医療設備   麻酔科  

サイトポリシー

copyright(c) Since2004 sendaikouseihospital. all rights reserved.