• 交通のご案内
  • 館内マップ
  • 採用情報
  • サイトマップ
文字の大きさをお選びください。
小
標準
大


仙台厚生病院をご紹介します
  • 理事長挨拶
  • 診療管理者挨拶
  • 院長挨拶
  • 病院理念
  • 当院の特徴
  • 認定指定状況
  • 地域医療支援病院とは?
  • 院内の様子
  • 沿革
  • マスコミ掲載

現在位置:トップページ > 仙台厚生病院をご紹介します > 理事長挨拶

一つ前のページへ

理事長挨拶


photo
仙台厚生病院 理事長
目黒泰一郎

 「医療崩壊」が叫ばれ、医療職員の疲弊とそれによる医療の劣化が指摘される折、当院はその解決を目指して、通常と異なるアプローチを試みました。それは、まず始めに病院職員を過労と疲弊から守り、その活力ある職員のパワーによって、高度先進医療を24時間体制で提供しようというものです。そのために、「選択と集中」の原則を取り入れました。具体的には、総合病院であることを目指さず、選択した3つの領域、すなわち@心臓血管、A消化器、B呼吸器に病床や人員を集中し、おのおのを大型化〜超大型化しました。そして、当院の守備範囲にない領域においては、多数の医療機関や1,300名を超える登録医との連携の中で解決するという方式です。


 大型チームは医師やスタッフに余裕のある交代制をもたらします。それは24時間体制(6名から7名の医師による当直体制)を維持しつつも、担当スタッフが十分な休養をとることを可能とします。休養は、学習や研鑽に向かう体力・意欲を産み出します。学習や研鑽は、職員のモチベーションや診療技術の向上をもたらし、技術の向上は周囲からの高評価につながり、高評価は繁栄をもたらします。繁栄は、さらなる就労環境の改善につながって、当院はまさにその好循環の途上にあります。


 これらの戦略・基本方針は、すでに幾多の成果を挙げております。その詳細は院長挨拶に譲りますが、仙台厚生病院の成功は、我が国の医療改革に寄与するものと確信し、900余名職員一丸となって、今後も努力を重ねてまいります。




サイトポリシー

Copyright©Since 2004 Sendaikouseihospital All Rights Reserved.