• 交通のご案内
  • 館内マップ
  • 採用情報
  • サイトマップ
文字の大きさをお選びください。
小
標準
大


ここは一般診療の方のページです
センター・診療科案内
  • 受診のご案内
  • 入院・面会のご案内
  • 外来診療担当医師
  • セカンドオピニオン外来
  • 登録医のご紹介
診療科目のご案内
  • 心臓血管センター
  • 呼吸器センター
  • 消化器センター
  • 糖尿病代謝内科
  • 放射線科
  • 麻酔科
  • 臨床検査センター
  • 総合健診センター

現在位置:トップページ > 一般診療の方 > 薬剤部

一つ前のページへ

薬剤部のご紹介


患者さんの手元にお薬が届くまでの流れをご紹介します。

薬のお渡しまで


STEP1 医師により処方オーダー

photo


 診察後、担当医師によりコンピューター上に処方のオーダーが行われます。


photo photo

STEP2 処方箋の発行、薬袋、お薬説明書の作成


 薬剤部では、医師のオーダー入力に基づいて処方箋がプリンターより出てきます。


 処方箋の内容(薬剤名、用法・用量、年齢、性別、投与期間、相互作用等)をチェックし、不明な点があれば、医師に確認をとった後調剤の準備をします。


 薬の取り揃え、粉薬、水薬等の秤量や一包化、錠剤のつぶしなど患者さんそれぞれに合った形に調剤します。


STEP3 鑑査

photo


 鑑査(調剤が正確に行われているか、処方内容の再確認など)を行います。最終鑑査を行う者はこれまでその処方の調剤を行った者とは別の者が行います。


患者さんの安全を守る為、お薬をお渡しするまで2名以上の薬剤師によって確認しています。複数の薬剤師が携わることで、確実にミスを防ぐようにしています。

イメージイラスト イメージイラスト イメージイラスト

STEP4 お渡し

鑑査が終わったお薬は、会計ができ次第会計でお呼びし、会計終了後お薬引き換え券をお渡しします。引換券を持って来られましたら、その番号を確認してお薬をお渡しします。お薬の服用または使用に際して注意が必要な場合、お薬の変更があった場合説明をしてお渡しをします。




その他の薬剤部の業務


注射薬の払い出し

photo

 注射薬も内服薬同様、まず処方せん鑑査(薬剤の重複、溶解液、配合変化、用量、投与速度に基づいた薬剤量など)を行います。


 また、処方上疑わしい点があった場合、処方医に問い合わせをし、確認してから調剤を行います。準備された注射薬は患者さん1人分ずつを専用のカートに入れ病棟に払い出しを行います。


高カロリー輸液の混注

photo

 食事を十分量摂ることができないような患者さんは中心静脈より高カロリー輸液を行っています。

 高カロリー輸液は栄養分が豊富なことから細菌が繁殖しやすい環境で、細菌などで汚染された輸液は、免疫力の低下している患者さんや栄養状態の悪い患者さんにとっては感染症を引き起こす原因の一つとなることがあります。そのため、薬剤部では高カロリー輸液をクリーンベンチ内で無菌的に注射剤を調製して提供しています。


抗がん剤の調製

photo

 抗がん剤は取り扱いが難しい薬です。扱い方によっては調製者に健康被害をあたえる事もあります。


 また患者さんそれぞれで使用する種類・量・投与スケジュールも異なってきます。そのため薬の専門家である薬剤師が抗がん剤専門の安全キャビネットで調製者の安全を確保しながら調製を行っています。


服薬指導

photo

 飲み薬や注射薬、目薬、塗り薬など入院患者さんに処方されている全ての薬について、薬剤師がチェックします。薬が効いているのか、使い方は適切か、血液検査などのデータをもとに副作用が出ていないかなど、あらゆる角度から患者さんに接しています。


 そして、医師から依頼のあった入院患者さんのベッドサイドに薬剤師が出向き、患者さんの薬に対する不安や疑問をなくし、安心して服薬して頂けるよう、薬の効果・飲み方・副作用・相互作用・注意事項などについてお話ししたり、患者さんからのご相談を受けています。


チーム医療への参加

photo

 ICT(感染制御チーム)、RMT(リスクマネージメントチーム)、NST(栄養サポートチーム)、PCT(緩和ケアチーム)、糖尿病教室などに薬剤師の立場から参加し医師、看護師等他職種と協力しチーム医療に取り組んでいます。


薬品管理

 院内で使用する薬品の購入を行い、薬剤部、外来、病棟などの薬品の在庫数・使用期限・保管方法などを定期的に点検し品質管理を行っています。



医師の紹介 受診のご案内 セカンドオピニオン 人間ドック

サイトポリシー

Copyright©Since 2004 Sendaikouseihospital All Rights Reserved.