• 交通のご案内
  • 館内マップ
  • 採用情報
  • サイトマップ
文字の大きさをお選びください。
小
標準
大


ここは一般診療の方のページです
センター・診療科案内
  • 受診のご案内
  • 入院・面会のご案内
  • 外来診療担当医師
  • セカンドオピニオン外来
  • 登録医のご紹介
診療科目のご案内
  • 心臓血管センター
  • 呼吸器センター
  • 消化器センター
  • 糖尿病代謝内科
  • 放射線科
  • 麻酔科
  • 臨床検査センター
  • 総合健診センター

現在位置:トップページ > 一般診療の方 > 入院・面会のご案内

一つ前のページへ

 入院・面会のご案内


入院手続き

 入院当日は、正面玄関より入り向かって左側の【医事課@番入院窓口】で受付手続きをお済ませください。窓口へは、下記のものをお持ちください。(案内図


お持ちいただくもの

  • 診察券
  • 健康保険証(原本
  • 各種受給者証
  • 限度額適用認定証(70歳未満の方)
    標準負担額減額認定証(70歳以上の方)
  • 入院誓約書

 ※やむを得ず当日提出できない場合は、書類が揃い次第窓口へご提出ください。

<健康保険証>
 入院中に保険証・各種受給者証の変更がありましたら、遅滞なく手続きをお取りください。
 変更手続きが遅れた場合、医療費に保険が適用されず、全額負担となることがありますのでご注意ください。

その他、入院の際に必要なもの

・パジャマ(病衣) ・下着
・タオル(バスタオル) ・転びにくい履物
・箸 ・スプーン
・湯のみ ・ティッシュペーパー
・くずかご ・洗面用具(歯ブラシ、コップ、シャンプー等)
・入院のご案内 ・現在服用している薬(他病院の薬も含む)

※日用品は病院内の売店でも販売しておりますので、ご利用ください。(案内図
※当院の病衣をご利用の場合は、有料(1日80円・税抜)となります。
 ご利用を希望される場合は、入院時にお申込みください。

入院中・個室料金

イラストイメージ

付添い人について

 当院では、7対1入院基本料をとっており付添人を必要としません。ただし、患者さんの病状その他の事情によりご家族の付添いをご希望の場合には、入院中の病棟の看護師長にお申し出ください。


入院中の食事について

 病院食以外の飲食物のお持ち込みは、原則としてできません。毎週火・木・日曜日の昼食・夕食時に2種類のメニューからお好きな方をお選びいただけます(医師の指示で食事制限がある方以外)。


転倒・転落防止について

 入院中は寝ていることが多くなるため、筋力が低下したり、お薬の作用で足元がふらつきやすくなったりすることがあります。「転倒・転落」は家庭内でも頻繁に起きるもので、病院、ご自宅問わず発生します。

入院中にトイレ等へ移動される際は、必ずナースコールをご使用ください

 特に、80歳以上の方や転倒歴のある方はより転倒されやすいので、必ずナースコールを押してください。


外泊・外出について

 外出や外泊には、主治医の許可が必要となりますので、事前に入院中の病棟の看護師までお申し出ください。


個室料金について


  部屋数 室料差額
(税抜)
設備
4階〜10階 40室 9,000円 応接セット、テレビ、クローゼット、
トイレ、浴室、冷蔵庫
11階1〜36号室 24室 9,000円
11階28号室 1室 10,000円
11階18、20、22号室 3室 15,000円 応接セット、テレビ、クローゼット、
トイレ、浴室、冷蔵庫、流し台
11階21号室 1室 17,000円

  • 個室・特別室の内容及び料金は上記のとおりです。希望される患者さんは、主治医または看護師にお申し出ください。また個室は、利用状況によりご希望に添えない場合がありますのでご了承ください。
  • 上記金額は1日の使用料金ですので、1泊2日の場合は2日分の料金となります。
  • テレビはテレビカード専用となっています。度数の残ったカードは、1階会計前の精算機をご利用ください。

貴重品について

  • ベッドごとにセーフティボックス(金庫)を設置しておりますので、ご利用ください。
  • 病院は不特定多数の人が出入りしますので、盗難や置き引き等には十分ご注意ください。 入院中は、多額の現金や貴重品はお持ちにならないで下さい。
  • 当院は防犯カメラによる監視を強化しております。不審者・不審物などに対しても万全の対策をとっておりますが、 院内での貴重品などの管理は各自お気を付けください。

医療福祉相談室のご案内

 入院中にお困りのことがありましたら、お気軽に医療福祉相談室までご連絡ください。(医療費の不安・退院後の生活・福祉の制度について知りたい…など)


診断書の発行について

  • 入院中 : 入院されている病棟のクラーク、または看護師までお申し出ください。
  • 退院後 : 本館1階【医事課@番入院窓口】までお申し出ください。

 提出先(生命保険・簡易保険等)によって用紙が指定されていることがありますので、ご確認の上お申し出ください。 診断書の発行には、申し込まれてから2週間程度いただいております。また、病理検査を受けた方は検査結果が出てからの発行となりますので、発行まで2週間以上要することがございます。


<診断書料金>
普通診断書 1通5,000円(税抜)
生命保険会社証明書 1通10,000円(税抜)
その他各種証明書 種類によって金額が異なりますので、医事課までお問い合わせください。

面会

 入院患者さんの治療と安静のため、次のことをお守りくださいますよう、ご協力をお願い申し上げます。


面会時間

  • 平日:午後 1 時〜午後 8 時まで
  • 土日:午前 10 時〜午後 8 時まで
  • 面会の方は、平日は可能な限り公共交通機関を利用していただき、当院の駐車場のご利用はお控えください。(交通案内
  • 特に平日の8:30〜13:00までは面会時間ではありませんので、当院の駐車場の使用は禁止となっております。

面会の受付について

  • 面会には「面会カード」が必要になります。
    総合案内または医事課窓口(17:00以降は時間外通用口)で「面会カード」を受け取り、病棟のナースステーションに提示してください。(案内図

面会をご遠慮いただいている方

 院内での感染防止のため、次に該当する方には面会をご遠慮頂いております。

  • かぜ症状のある方、下痢症状があり感染症が疑われる方
  • 小学校就学前のお子さま
 ※面会についてご相談・ご質問などがございましたら、看護師にお申し出ください。

入院費のお支払い

入院医療費の計算方法のご案内(平成21年4月より)

 当院では、平成21年4月より「DPC/PDPS(診断群分類に基づく1日当たり定額報酬算定制度)」を導入しています。
 「DPC/PDPS」とは、従来の診療行為ごとに料金を計算する「出来高払い」とは異なり、入院される患者さんの病名や症状をもとに手術などの診療行為の有無に応じて、厚生労働省から定められた1日あたりの診断群分類点数をもとに医療費を算出する計算方法です。


従来会計方式とDPC会計方式の違い

 患者さんがこの計算方法の対象となるかどうかは傷病名や診療内容によって異なるため、厚生労働省の基準に基づき主治医が判断致します。


Q.入院医療費の支払いはどのようにかわるのでしょうか?
A.基本的には変わりません。
 「DPC/PDPS」で計算した点数を基に、患者さんの保険負担割合に応じて支払い金額が決まりますので、その金額をお支払いいただくことになります。

 ※入院後、病状の経過や治療の内容により、入院当初に計画した診断群分類が変更になった場合には、退院時等に前月分までのお支払い額との差額を調整させていただくことがあります。

イラストイメージ

入院中の請求

 入院料の請求は毎月1回月末締めとし、1週間〜10日後に請求書が発行されます。請求書をお受け取りになってから7日以内に本館1階【医事課会計窓口】でお支払いください。


退院時の請求

 退院日までの分を、退院当日に請求致します。本館1階【医事課会計窓口】でお支払いください。 退院予定日が土曜、日曜の場合、退院直前の平日(金曜日)に概算でお支払いいただき、過不足については退院後に精算させていただくことにしておりますので、ご協力をお願い致します。


お支払い時間

  • 月〜木曜日 午前8時30分〜午後4時(金曜日は午後5時まで

 ※領収書は高額療養費の払い戻しや、所得税の医療費控除などに必要となりますので、大切に保管してください。領収書の再発行はいたしかねますので、紛失等にはくれぐれもご注意ください。


高額療養費制度について

 受診の際は、健康保険証と併せて「限度額適用認定証(70歳未満の方)」「標準負担額減額認定証(70歳以上の方)をご提示ください。この証を提示されることで、ひと月の一部負担金のお支払いが自己負担限度額までとなり、お支払いの負担が軽減されます。受診に先立ち、あらかじめ交付を受けられます様、ご案内致します。ご提示がない場合は支払い後、各保険者から高額医療費の支給を受けることになります。


お問い合わせ

 入院費についてご不明な点がありましたら、お支払いの前に本館1階【医事課窓口】へお問い合わせください。




サイトポリシー

Copyright©Since 2004 Sendaikouseihospital All Rights Reserved.