• 交通のご案内
  • 館内マップ
  • 採用情報
  • サイトマップ
文字の大きさをお選びください。
小
標準
大


ここは一般診療の方のページです
センター・診療科案内
  • 受診のご案内
  • 入院・面会のご案内
  • 外来診療担当医師
  • セカンドオピニオン外来
  • 登録医のご紹介
診療科目のご案内
  • 心臓血管センター
  • 呼吸器センター
  • 消化器センター
  • 糖尿病代謝内科
  • 放射線科
  • 麻酔科
  • 臨床検査センター
  • 総合健診センター

 

現在位置:トップページ > 一般診療の方 > DPC/PDPSによる入院医療費計算方法

一つ前のページへ

 DPC/PDPSによる入院医療費計算方法のご案内

 当院では、厚生労働省が定めた急性期入院医療を対象とする「診断群分類に基づく1日あたり包括払い制度(DPC/PDPS方式)」によって入院費を計算しています。


 「診断群分類に基づく1日あたり包括払い制度(DPC/PDPS方式)」とは

 従来の診療行為ごとに料金を計算する「出来高払い方式」とは異なり、入院される患者さんの病名や症状をもとに手術などの診療行為の有無に応じて、厚生労働省から定められた1日あたりの診断群分類点数をもとに医療費を計算する方式です。


従来会計方式とDPC/PDPS会計方式

※DPC/PDPS = Diagnosis Procedure Combination Par-Diem Payment Systemの略語です


*患者さんがこの包括支払い方式の対象となるかどうかは傷病名や診療内容によって異なるため、厚生労働省の基準に基づき主治医が判断いたします。


 診断群分類別包括評価(DPC/PDPS)に関するご質問【Q&A】

 DPC/PDPS制度を導入する目的は何ですか?
 DPC/PDPSは国の政策として急性期医療を担う病院を対象に推進されています。その目的は医療の質の向上と在院日数の短縮にあるとされています。


 従来の診療内容と何か変わるのでしょうか?
 当院では入院中の治療として必要と判断される医療行為は従来通り行っていますが、入院して行う必要のない検査や医療行為は、入院前もしくは退院後に外来で実施することがあります。


 入院医療費の支払いはどのようにかわるのでしょうか?
 基本的には変わりません。DPC/PDPSで計算した点数を基に患者さんの保険負担割合に応じて支払い金額が決まりますのでそれをお支払いいただくことになります。ただし、入院後、病状の経過や治療の内容によって入院当初に計画した診断群分類が変更になってしまった場合には、退院時等に前月分までのお支払い額との差額を調整させていただくことがあります。


 高額療養費制度の取り扱いはどうなりますか?
 従来どおり高額療養費の取り扱いは変わりません。



 何卒ご理解とご協力をお願い致します。
 なお、ご質問等ございましたら、1階会計窓口にお問い合わせください。

院 長


サイトポリシー

Copyright©Since 2004 Sendaikouseihospital All Rights Reserved.