• 交通のご案内
  • 館内マップ
  • 採用情報
  • サイトマップ
文字の大きさをお選びください。
小
標準
大


ここは一般診療の方のページです
センター・診療科案内
  • 受診のご案内
  • 入院・面会のご案内
  • 外来診療担当医師
  • セカンドオピニオン外来
  • 登録医のご紹介
診療科目のご案内
  • 心臓血管センター
  • 呼吸器センター
  • 消化器センター
  • 糖尿病代謝内科
  • 放射線科
  • 麻酔科
  • 臨床検査センター
  • 総合健診センター

現在位置:トップページ > 一般診療の方 > 心臓血管センター

一つ前のページへ

心臓血管センター


 循環器内科と心臓血管外科で構成された、毎年全国有数の取り扱い症例数や手術実績を上げている心臓血管専門のセンターです。


循環器内科のご紹介

心臓血管外科のご紹介


循環器内科

photo
循環器内科主任部長
井上 直人

photo
循環器内科主任部長
大友 達志

患者さんに負担の少ないカテーテル手術を積極的に実施し、
冠動脈カテーテル手術(PCI)の実績は日本トップクラスです。
充実した当直体制で救急も24時間受け入れ可能です。


 循環器内科は主任部長 井上 直人と主任部長 大友 達志を中心として多数の治療スタッフを有し、診断、治療技術に定評があります。特に、虚血性心疾患の治療における冠動脈カテーテル手術(PCI)件数は、毎年日本トップクラスの実績を上げています。


 1日に20〜30件の冠動脈造影検査(CAG)、6〜7件の冠動脈カテーテル手術(PCI)を行っており、ロータブレーターやエキシマレーザのような最新治療機器を使用して治療しています。また、当院の特徴は、治療を低侵襲で行っていることです。カテーテルのほとんどを手首の動脈(橈骨動脈)から施行しており、患者さんは術後軽度の安静のみで歩行することができます。これも高い治療技術があってこそ実現できることです。


 さらに、急性心筋梗塞のような急性期疾患も得意としています。急性心筋梗塞は1分1秒でも早く治療を開始しなければいけない疾患です。当院では、常時2人の循環器当直医が待機していることにより、急性心筋梗塞の患者さんが病院に到着すると同時に治療を開始することができます。


虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞等)について わかりやすくビデオでご説明します。

虚血性心疾患の疑いがある場合に行う検査です。

動画…冠動脈造影検査(CAG)

虚血性心疾患に対する負担の少ない治療法です。

動画…冠動脈カテーテル手術(PCI)


 ※こちらの動画は、手術中の映像であり、不快感を伴う恐れがございますのでご注意ください。

心臓血管外科

photo
心臓外科主任部長
畑 正樹

弁膜症、大動脈、末梢血管、静脈疾患など
様々な疾患の手術を取り扱っております。
心臓バイパス手術は毎年東北トップクラスの実績です。


 心臓血管外科は主任部長 畑 正樹のもと、1日1〜2件、週に8〜10件、年に450〜500件の冠動脈バイパス術、弁膜症手術、大動脈手術を行っています。いずれも東北トップクラスの実績をあげており、緊急症例の受け入れも積極的に行っております。宮城県はもとより岩手県、山形県、福島県からの数多くの患者さんも治療させていただいております。


 また、大動脈治療センター閉塞性動脈硬化(PAD)治療センターでは、従来の手術治療に加え、カテーテルを利用したからだに優しい低侵襲治療に取り組んでおります。
 またその他に、おもに女性の下肢に多く見られる静脈瘤に対しての手術を日帰りで多数行っております。



心臓血管センターで取り扱う主な症例

虚血性心疾患 狭心症、不安定狭心症、急性心筋梗塞
心筋症 肥大型心筋症、拡張型心筋症など
弁膜症 僧帽弁狭窄症・閉鎖不全症、大動脈弁狭窄症・閉鎖不全症など
不整脈疾患 洞機能不全症候群、心房細動、心房粗動、発作性心房細動、心室頻拍、
心室細動、発作性上室性頻拍症など
末梢動脈疾患 下肢閉塞性動脈硬化症、腎動脈狭窄症、鎖骨下動脈狭窄症など
大動脈疾患 急性大動脈解離、胸部大動脈瘤、腹部大動脈瘤など
静脈疾患 肺梗塞、深部静脈血栓症、静脈瘤など


医師の紹介 受診のご案内 セカンドオピニオン 人間ドック

心臓血管センターにおける取組や症例に関する詳しい情報は、「医療関係者の方向けページ」にてご覧下さい。

「医療関係者の方向け」心臓血管センターのページへ
サイトポリシー

Copyright©Since 2004 Sendaikouseihospital All Rights Reserved.