• 交通のご案内
  • 館内マップ
  • 採用情報
  • サイトマップ
文字の大きさをお選びください。
小
標準
大


ここは一般診療の方のページです
センター・診療科案内
  • 受診のご案内
  • 入院・面会のご案内
  • 外来診療担当医師
  • セカンドオピニオン外来
  • 登録医のご紹介
診療科目のご案内
  • 心臓血管センター
  • 呼吸器センター
  • 消化器センター
  • 糖尿病代謝内科
  • 放射線科
  • 麻酔科
  • 臨床検査センター
  • 総合健診センター

現在位置:トップページ > 一般診療の方 > 消化器センター

一つ前のページへ

消化器センター


 外科・内科ともに、豊富な経験・人材による高水準の医療を提供致します。
 手術をお待たせしません。


  ・消化器内科のご紹介

  ・消化器外科のご紹介

  ・肝臓内科のご紹介

 

 消化器とは口から肛門までの消化管と、付随する肝臓、胆嚢・胆管、膵臓をいいます。当消化器センターは消化器内科・肝臓内科と消化器外科で構成されており、消化器内科・肝臓内科は消化器疾患の診断および内科的治療、消化器外科は手術を担当します。


  当院の消化器センターは、手術をお待たせせずに実施できる、十分な人数の消化器内科医と肝臓内科医と消化器外科医を有しています。さらに当院では、治療の効果を評価するのに欠かせない病理医師も複数名常勤しており、どのような消化器疾患の診断・治療にも対応できる体制を目指しています。


 一人一人の患者さんを消化器センターで治療していきますので、症例に応じたよりよい治療法を内科と外科が連携して追究することが可能です。また、難易度の高い症例でも、根治性と安全性を両立した治療を目指しています。


消化器内科

photo
消化器内科主任部長
中堀 昌人

 消化器内科では上部消化管(食道・胃・十二指腸)、小腸、大腸の全消化管と胆嚢・胆管や膵臓の検査や治療行っております。特に胃や大腸の早期がんの診断や高難度の病変を含めた早期がんの内視鏡治療(内視鏡的粘膜下層剥離術:ESD)を数多く施行しています。当科では内視鏡治療が可能な段階でがんを発見するために内視鏡機器を一新し、拡大機能や特殊な光(NBI)を用いた最新で精度の高い検査を実施しています。また積極的に安定剤や経鼻内視鏡を用いて患者さんにとって安全で苦痛の少ない検査を提供しています。さらに飲み込むだけの小腸・大腸カプセル内視鏡や内視鏡の不要な大腸CT(仮想内視鏡)検査も導入しています。
小腸は非常に長く従来は検査が困難な領域でしたが、カプセル内視鏡やバルーン内視鏡といち早く導入し、小腸の診断と治療数は日本有数です。
また胃や大腸の他小腸を含めたすべての消化管出血の治療を数多く受け入れています。
さらに診断や治療が難しい胆道・膵臓疾患に数多く取り組み、超音波内視鏡下穿刺吸引法などの最新の検査・治療を用いて診療を行っています。

photo
最新の上部拡大内視鏡スコープ
GIF−H290Z
約80倍の光学拡大機能で、
詳細な観察をサポート
photo
小腸カプセル内視鏡
PillCam SB3

photo
新型ダブルバルーン内視鏡
EN−580T



内視鏡検査は通常検査5ブースと透視下でのバルーン小腸内視鏡とERCP(内視鏡的逆行性膵胆管造影検査)用1ブースの全6ブースにて施行しております。
全ブースとも最新のNBI(特殊光による早期癌の診断)、Water Jet(送水装置)、二酸化炭素の送気装置を装備し、早期がんの診断や内視鏡治療、消化管出血の内視鏡的止血術に対応しております。
リカバリールームも完備しており、鎮静剤投与も可能で、安心・安全で苦痛の少ない医療を提供しております。
内視鏡の洗浄は専任スタッフが、内視鏡学会のガイドラインに沿って施行しており、洗浄の履歴はすべてファイリングシステムに記録しております。
また内視鏡と超音波を組み合わせた超音波内視鏡で粘膜下腫瘍や膵がんなどを診断する超音波内視鏡下穿刺吸引法も積極的に施行し、消化管腫瘍や胆道・膵臓の治療に役立てています。

photo
新型ダブルバルーン内視鏡
EN−580T

photo
スコープ先端部と穿刺針



消化器外科

photo
消化器外科主任部長
山内 淳一郎

 当科は、胃がん、大腸がん、膵・胆道・肝がんなどの消化器悪性腫瘍に対する外科治療を診療の中心としています。さらに、胆嚢結石症、ヘルニア、急性虫垂炎などの良性疾患に対する外科治療も、救急症例を含め積極的に行っています。胃がん、大腸がんでは診療ガイドラインに沿った治療を基本としながら、体への負担が軽いとされる腹腔鏡手術を積極的に導入しています。2015年には胃がん、大腸がんとも半数以上(55%)の症例が腹腔鏡手術によって治療されています。また、なかなか治らないがんの代表とされる膵・胆道・肝がんでも、あきらめずに根治切除の可能性を追求しています。
 当院の性格上、心臓疾患をお持ちの患者さん、血液をさらさらにする薬(抗血小板薬や抗凝固薬など)を服用している患者さんの手術を数多く経験しています。他の病院で心疾患などを理由に手術が出来ないとされた患者さんでも、術前検査を十分に行い、手術が可能と判断すれば、循環器内科、麻酔科医師と綿密な連携をとりつつ、最善の手術、周術期管理を提供していきます。
 当科は2016年現在、スタッフ、レジデントを合わせて12名体制で診療を行っています。当科のベッド数は42床と多くはありませんが、その分、全ての医師が全ての外科入院患者さんの問題点を把握、共有し、安全に手術を行い、患者さんに状態に変化があれば迅速に対応できるようなチーム医療の体制を整えています。


胃がん、大腸がんに対する外科治療

 東北地方は他の地域に比し胃がんの患者さんが多く、当院でも毎年150例前後の胃切除術を行っています。大腸がんの手術件数も年々増加し、毎年200例を超える大腸切除術を行っています。胃がん、大腸がんとも半数以上の症例を腹腔鏡下手術により切除しており、切除症例数、腹腔鏡下切除症例数とも東北はもとより日本有数の施設のひとつとなっています。


 近年、胃がん、大腸がんに対する化学療法(抗がん剤治療)の進歩には目をみはるものがあります。手術だけでは治療が不十分と思われる進行胃癌では術前に化学療法を、進行直腸がんでは術前に放射線化学療法を行い、その後、根治を目指した手術を行っています。


 胃がん、大腸がんの術後は、当院と登録医の皆様が築き上げた「がん診療地域連携ネットワーク(通称:スキップネットワーク)」により、綿密なフォローを行っていきます。


肝胆膵領域がん(特に膵がん、胆道がん)に対する外科治療

 膵がん、胆道がんは消化器がんの中でも、治療が困難ながんの代表です。膵がん、胆道がんを根治させる可能性のある唯一の治療法は手術による切除です。周囲の組織や転移の可能性のあるリンパ節を含めて、癌を残さず、少なくとも目に見える範囲の病巣をすべて切除する、根治的手術を行うことが必要です。
 切除を行った後、手術術式によっては膵液、胆汁、食物の流れる経路を作り直すことが必要となります。特に膵頭部を切除する膵頭十二指腸切除術後に行う、膵臓と空腸をつなぎ合わせる膵空腸吻合は難しい手技の一つです。この部分の縫合不全が起きると、膵液が漏れ出し、大出血を起こすことがあります。しかし、難しい手技でも経験を積むほど合併症の頻度は減り、たとえ合併症が起きても適切に対処ができるようになります。膵癌診療ガイドラインでも「膵頭十二指腸切除など膵癌に対する外科切除術では、手術症例数が一定以上ある専門医のいる施設では合併症が少ない傾向があり、合併症発症後の管理も優れていると推察される」と記載されています。当科は日本肝胆膵外科学会高度技能医1名、高度技能指導医2名が常勤し、肝胆膵悪性腫瘍に対し年間約100件近い手術を行う、東北地方有数の施設のひとつです。


腹腔鏡手術


腹腔鏡手術 手術後の痛みが少なく回復が早い

 腹腔鏡手術は、腹部に5〜12mm程度の穴を数カ所あけ、そこから専用のカメラや手術器具などを入れて、テレビモニターを見ながら行う手術です。腹腔鏡手術の利点として、まず手術によるキズが小さいことがあげられます。キズが小さいため、術後の痛みが少なく、回復も早いとされています。さらに、腹腔鏡手術では高性能カメラで小さな範囲を大きなモニターに映し出すため、肉眼でみるよりも遙かに鮮明に見ることができ、より繊細な手術が可能になります。体への負担が少ないだけでなく、がんを治すための治療としても高い質を保った手術が可能です。
 当科では胆嚢結石症、鼠径ヘルニア、急性虫垂炎などの良性疾患に対しては、この腹腔鏡手術を第一選択としています。また、胃がんに対する腹腔鏡下胃切除術を年間80件程度、大腸癌に対する腹腔鏡下大腸切除術を年間120件程度行っており、東北地方ではトップクラスの手術件数となっています。さらに肝腫瘍に対しても腹腔鏡下肝切除術を導入し、既に40人以上の患者さんに対して安全な手術を行っています。
 また、当院では“完全”腹腔鏡手術を基本としています。一般的な方法では、小さな穴の他に5cm程度の皮膚切開が行われますが、これをなくすことで、更に負担が少なく、見た目にも美しい手術にこだわっています。

肝臓内科

photo
肝臓内科主任部長
近藤 泰輝

 目まぐるしい進歩を遂げているB型、C型肝炎の最新治療を行うとともに、現在、増加傾向にある脂肪性肝障害の治療にも力を入れております。また、診断や治療が難しい肝疾患の診療を行います。

 肝がんの外科治療、内科的治療、放射線治療も日々進歩しており、最新の機器を用いたラジオ波焼灼療法(RFA)や経皮的肝動脈化学塞栓療法(TACE)も積極的に行っております。外科や放射線科との連携により患者さんの状態に応じて適切な治療方法を選択出来ます。

 当院では、肝炎から肝硬変、肝がんという病気の流れの中で、いずれのポイントにおいても切れ目なく最新治療を受けることが出来ます。





@インターフェロンを用いないC型肝炎治療

 近年、飲み薬のみでC型肝炎ウイルスの排除が可能となりました。これまでの治験、臨床、基礎研究の経験を生かし、患者さんに適した治療方法を選択して、治療を行って参ります。

  C型肝炎ウイルスは、肝臓以外の臓器に様々な病気(腎炎、糖尿病、リウマチ、自己免疫疾患、悪性リンパ腫、虚血性心疾患など)を引き起こすことが知られております。この様な疾患をお持ちの患者さんもウイルスを消せる時代がきました。ウイルスを消すことにより、これらの合併症が改善する場合があることも知られております。

 比較的簡単にウイルスを排除することが出来る様になりましたが、ウイルスが消えた後も、肝がんが出現することが知られており、ウイルスが消えた後の適切な診療を、連携病院とともに行って参ります。


病気が進行している人はC型肝炎ウイルス排除後も肝がんのリスクは残る

A肝硬変への進行、肝臓がんを予防するためのB型肝炎治療

 B型肝炎は状態により、適切な治療を受けることが重要です。最近は耐性ウイルスが出現しにくい薬剤も使用可能です。

 また、ペグインターフェロンを用いることにより自分の免疫力でウイルスを抑え込む治療も選択可能です。

 B型肝炎の病態は複雑ですので、感染していると診断された方は、楽観視せずに、一度、当院で詳しい検査を受けることをお勧めします。

B脂肪性肝障害の治療

 貴方の脂肪肝、本当に放っておいて大丈夫ですか?健康診断で「脂肪肝ですね」と言われた経験がある方は、一度、肝臓内科を受診することをお勧めします。

 脂肪肝と診断された患者さんの10-20%は非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)であると言われており、肝硬変、肝がんへ進展することが知られております。

 当院では我々が独自に考えた栄養割合の食事療法を導入することにより、肝機能正常化を目指すことができます。


脂肪性肝障害の顕微鏡像

C肝がんの治療

 肝腫瘍の治療法には、@手術、Aラジオ波焼灼(RFA)、Bアルコール凝固、C経カテーテル治療(TACE)、D放射線療法、E化学療法(ネクサバールなど)など、種々の治療法がありますが、大事なことは、適切なタイミングで、適切な治療を、それぞれの治療法に精通した医師が行うことです。

 肝臓内科では、豊富な経験をもとに主にA、C、Eを行います。また、近年は、これらの治療を組み合わせながら治療を行うことにより、治療成績が向上するのではという試みがなされております。


肝臓がんのラジオ波治療 身体への負担が少ないがんの治療法肝臓がんのラジオ波治療 身体への負担が少ないがんの治療法

Dその他の難治性肝疾患

 貴方の肝炎、その診断名で本当にあっていますか?

 ウイルスやアルコールなど原因がはっきりしない肝炎は診断に苦慮することが多々あります。その場合は、肝生検が必要になります。また、その生検の結果を正確に読む病理医の存在も欠かせません。

 当院においては病理診断科と連携して自己免疫性肝炎、原発性胆汁性肝硬変、薬物性肝障害の診断、加療を行っております。




消化器センターで取り扱う主な症例

食道疾患 食道がん、逆流性食道炎、食道静脈瘤、食道粘膜下腫瘍
胃十二指腸疾患 胃がん、胃ポリープ、胃粘膜下腫瘍、悪性リンパ腫、胃十二指腸潰瘍、
急性胃炎、慢性胃炎、乳頭部腫瘍
大腸・小腸疾患 大腸がん、大腸ポリープ、潰瘍性大腸炎、虚血性大腸炎、クローン病、
小腸腫瘍、大腸憩室症、小腸炎症疾患
胆道疾患 胆嚢結石、総胆管結石、閉塞性黄疸、胆管がん胆嚢がん、胆嚢ポリープ、
胆管腫瘍、急性胆嚢炎、急性胆管炎
膵臓疾患 急性膵炎、慢性膵炎、膵がん、膵腫瘍
肝疾患 肝細胞がん、ウイルス性肝炎、脂肪性肝障害、自己免疫性肝炎、
原発性胆汁性肝硬変、薬物性肝障害、肝硬変、急性肝炎、肝腫瘍

がんと診断されてから入院まで待たされてお悩みの患者さんはいませんか。
消化器がんの内視鏡治療、胃がん・大腸がん・肝臓がん・膵臓がん・胆道がんの手術は
私達におまかせ下さい!


 長らく、医療崩壊が社会問題となっています。特に地方病院では勤務医不足が顕著で、開業の先生方から紹介を受けても、すぐに入院させることが難しい施設が多いのが現状です。


 一方、当院の消化器センターは、内科・外科合わせて約30名の常勤医師からなる大型チームです。常にマンパワーが充実しておりますので、最短で外来受診後1週間以内の入院が可能です。仙台市内という立地も、東北地方はもとより首都圏からでも新幹線で2時間弱の距離ですので、お悩みの患者さんは是非当院へ足をお運びください。




医師の紹介 受診のご案内 セカンドオピニオン 人間ドック

 消化器センターにおける取り組みや症例に関する詳細は、「医療関係者の方向けページ」をご覧下さい。
「医療関係者の方向け」消化器センターのページへ

サイトポリシー

Copyright©Since 2004 Sendaikouseihospital All Rights Reserved.