• 交通のご案内
  • 館内マップ
  • 採用情報
  • サイトマップ
文字の大きさをお選びください。
小
標準
大


ここは一般診療の方のページです
センター・診療科案内
  • 受診のご案内
  • 入院・面会のご案内
  • 外来診療担当医師
  • セカンドオピニオン外来
  • 登録医のご紹介
診療科目のご案内
  • 心臓血管センター
  • 呼吸器センター
  • 消化器センター
  • 糖尿病代謝内科
  • 放射線科
  • 麻酔科
  • 臨床検査センター
  • 総合健診センター

現在位置:トップページ > 一般診療の方 > 受診のご案内(初診・再診)

一つ前のページへ

 受診のご案内(初診・再診)


初診の方

救急外来へお越しの方はこちらもご覧下さい

診療日・受付時間


 
診療日
受付時間 午前8時30分〜午前11時

 ※急患はこの限りではありません



お持ちいただくもの

イラストイメージ
  • 紹介状(診療情報提供書)
  • 健康保険証
  • 各種受給者証
  • 限度額適用認定証(70歳未満の方)
    標準負担額減額認定証(70歳以上の方)
  • お薬手帳、薬剤情報提供書

 当院は地域医療支援病院ですので、原則として紹介状が必要です

 仙台厚生病院は地域の医療機関との役割分担によって、高度な専門性の高い医療や救急医療を担う「地域医療支援病院」に指定されております。地域医療支援病院の受診には、原則として紹介状が必要です。


 次のような場合は、紹介状がなくても診療致します

  • 「胸が苦しい、締め付けられる、息苦しい」など、胸部症状が強い方
  • 上記以外の心臓・血管、消化器、呼吸器の症状があり、高度医療を希望される方
  • 下肢静脈瘤の疑いがある方(毎週月曜日の午後/予約制)

 当院を受診するには原則として紹介状が必要ですが、地域医療支援病院の基準が少し緩和されたため、上記のような場合は紹介状をお持ちではなくても診療致します。ただし、紹介状をお持ちでない場合は、初診料の他に5,000円(税抜)の保険外併用療養費が発生しますので、あらかじめご了承ください。


 ※風邪の症状や怪我などは、当院では診療の対象としておりません。



受付手順

  1. 正面玄関から向かって左側の【医事課A番】へお申し出ください。
  2. 窓口で診察申込書を受け取り、必要事項を記入してください。
    受診する診療科のご相談は、総合案内(医事課窓口真向かい)の看護師へお声掛けください。
  3. 診察申込書の記入が終わりましたら、【医事課A番】へ診察申込書・紹介状・健康保険証等をお出しください。
  4. 受付が終わりましたら、係の者がその後のご案内を致します。

再診の方

救急外来へお越しの方はこちらもご覧下さい

診療日・受付時間


 
診療日
受付時間 予約制

予約方法について

 再診察・検査は予約制となっております。受診の際、担当医と時間の日程を決めていただきます。


予約変更及びキャンセルについて

  • 電話では予約変更は受け付けておりません。
  • 予約時間までに来院されなければ、自動的にキャンセルになりますので、連絡の必要はありません。
  • 再度予約するには各科外来窓口に直接お越しいただく必要があります。
    外来窓口の対応時間・・・平日9:00〜17:00
    ※午後の方が比較的ゆっくり対応できます。
  • 場合によっては医師の診察が必要となります。(医師の指定はできません。)
    また、待ち時間が長くなることをご了承ください。
 当院では全ての科が救急診療を行っております。そのため、予定通りの時間に診察できない場合もありますので、ご了承ください。


お持ち頂く物

  • 健康保険証等
    (来院日には毎回、会計窓口へ提示してください。)
  • 診察予約票
  • 診察券
    (※一年以上受診がない方は、他院からの紹介状が必要となる場合があります。)
  • お薬手帳、薬剤情報提供書


受付方法

  1. 予約されている患者さんについては、直接各診療科の外来窓口へお越しください。
  2. 外来窓口に診察予約票をお出しください。係の者がその後のご案内を致します。
  3. 予約されていない患者さんについては、午前8時30分から午前11時までに正面玄関から向かって左側【医事課A番】へお越しください。


救急の方

救急外来を受診される方へ


 当院は2次救急(入院治療を必要とする疾患の治療)を行う施設に指定されています。
 時間外や救急車で来院された場合、救急外来で診察をします。救急外来での診察では簡単な検査や処置しかできませんので、それだけでは確定診断することができません。確定診断を行うためには経過観察が必要です。また、状態が急変して不幸な転帰を辿ることもあります。これらの理由から、当院の救急外来を受診した方は、経過観察や急変への迅速な対応のために入院して頂くことになっております。
 また、当院を受診される場合は、「お薬手帳」を持参して頂けると検査や治療が速やかに行えますのでご協力お願い致します。



病院敷地内全面禁煙について

 当院は、受動喫煙対策義務を定めた健康増進法に則り、「病院敷地内全面禁煙」とし、ご来院、ご入院される患者さんには、禁煙(電子タバコを含む)にご理解いとご協力をお願いいたします。
 また、当院では、禁煙外来(呼吸器内科・循環器内科)を設け、たばこをやめたい方を支援しております。



禁煙外来について

 生活習慣病や肺がん・急性心筋梗塞といった重篤な病気との因果関係が指摘されている中、禁煙に挑戦し失敗された方も多いと思われます。健康保険で行う禁煙治療は、禁煙補助剤の使用や医師、看護師の指導、アドバイスを受けて治療が進められますので、ご検討中の方はお問い合わせください。

健康保険で禁煙治療を受けるには??

下記の条件を満たしている必要があります。
1.タバコ依存度スクリーニングテスト(TDSテスト)で5点以上
2.1日の喫煙本数×喫煙年数(ブリンクマン指数)が200以上
3.禁煙することを希望し、禁煙治療を受けることを文書により同意している。
4.初めて禁煙治療を受ける、もしくは前回の禁煙外来(保険診療による)初回日より1年以上経過している。
   ※4点のうち、1つでも条件を満たしていない場合は健康保険で治療を受けることはできません
   ※禁煙治療は、12週間で5回の通院プログラムです。スケジュールどおり来院できない場合は、
    保険での治療は中断となり、以降の治療は自費診療とさせていただきます。

禁煙外来は完全予約制です。現在受診している先生に申し出てください。

外部リンク
  「禁煙外来における禁煙治療(宮城県)」


受診の流れ

 受診中にご不明な点などございましたら、医事課窓口真向かいの総合案内までお声掛けください。


イメージ

外来窓口案内図

外来窓口案内図


サイトポリシー

Copyright©Since 2004 Sendaikouseihospital All Rights Reserved.